DTMコース

sheermusic facebook ページ

ワンポイントレッスン

オリジナル楽曲制作ってむずかしい?

DTMを使えば、簡単にオリジナル楽曲を制作する事ができます。例えば、まずピアノの弾き語りのようにコード進行だけを打ち込んで、あとは好きなようにメロディを鼻歌みたいに歌って録音するだけでも形になります。さらに、音楽ソフトの中にはドラム等のサンプル音源があるので、サンプル音源を使用すれば簡単に打ち込みができるので本格的な音楽に近づけます。

ページTOPへ

意外と知らないDTMのこと。

最近、流通している音楽はほとんどがDTMを使って作られています。音質のクオリティも高くなってきていて、生演奏のように聞こえます。ドラムやピアノ等の楽器の音もDTMで打ち込んで演奏していますが、生の演奏との違いが分からない程のクオリティです。十分満足いく楽曲が制作できると思いますので是非気軽にチャレンジしてください。

ページTOPへ

始める前の豆知識。

DTMはDesk Top Musicという意味で、その為、パソコンと楽器を演奏・録音・編集するソフトが必要になります。但しMacを購入するとGarageBandという簡易的な制作ソフトが無料で付いているので、本格的なソフトを購入する前に、一度試しに使用する事をおすすめします。また有料の製作ソフトもたくさんあるので、自分に合ったものを探すのもひとつの楽しみです。

ページTOPへ

応用できる裏テクニック。

DTMでの録音は、一人でたくさんの音を録って重ねていく多重録音が可能です。例えば、オーケストラのようにたくさんの楽器を重ねたり、自分の声にハモリを入れてアカペラグループのようにもできます。また録音した音が間違っていたり、イメージと違う場合でも、簡単に編集できるので安心してください。きっとあなたの期待通りのオリジナル楽曲が制作できると思います。